読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170224

薄暗いビルの2Fにある中華料理屋で昼食をとった。鶏粥と鶏肉を湯がいたものに香辛料とビネガーをかけたような、辛くて独特の味付けの肉を食べた。店内にいる客のほとんどが中国人で、テレビでは字幕付きでニュースが流れていた。会計をしたあと、本棚に少年ジャンプが置かれているのに気付いて読めば良かったな、と思ったけど、すぐに忘れた。